hivに感染で起こる咳を改善するにはジスロマック

通称エイズと呼ばれる後天性免疫不全症候群は、hivウイルスに感染することによって引き起こされる病気です。エイズにかかってしまうと身体中の免疫力が低下してしまいます。そのため、外部からの細菌やウイルスに対して非常に弱くなってしまうため、様々な病気を引き起こしてしまいます。性行為によって簡単に感染してしまうため、保健所などで血液検査を受けて、体内にhivウイルスがあるかどうかを調べることが大切です。また、エイズにかかった患者は、mac症と呼ばれる肺結核のような呼吸器系の疾患にかかりやすくなると言われています。エイズに感染している人で熱にあるわけでもないのに咳が止まらないという人は、このmac症にかかっている可能性があります。呼吸器系の疾患ということで、このmac症の治療には、ジスロマックと呼ばれる薬が使用されることが多いです。ジスロマックには、hivウイルスに効果があるわけではありませんが、mac症の原因となるウイルスを減らしてくれる効果があります。ジスロマックを服用することで、細菌のタンパク質の合成が抑えられ、増殖することができなくなるため咳や吐き気などの症状を改善することができます。ジスロマックの特徴は、一回の服用で一週間近く効果が持続するという点です。そのため、毎食後に服用する必要がないため、飲み忘れてしまう心配がありません。また、妊娠している女性でも安心して服用することができるほどに安全性の高い薬であるため、副作用のリスクが非常に低いのも特徴の一つです。ジスロマックは、mac症だけでなくクラミジアやマイコプラズマ肺炎などにも効果があります。服用することで咳や発熱を抑えることができるので、なるべく早く飲むことが大切です。