Monthly Archives: 10月 2015

日本人の中で増えている性病の1つとして、クラミジアというものがあります。
クラミジアの病原菌はクラミジア・トラコマティスで、膣や子宮、男性の尿道などに住んでいるものとなりますが、性行為を行うことによる直接的な接触が感染法です。
コンドームを付けていれば感染することはありませんが、コンドームなしの性行為が感染法で、男性の尿道分泌液から女性の性器にうつることや、女性の性器から男性の尿道に感染します。
近年、流行の兆しがある原因としては、オーラルセックスによる感染法で、性器から咽喉にうつるケースが増えていると言われています。
コップの回し飲みであったり、トレイの便座を共有すること、お風呂では感染することはないと考えられていますが、性器から分泌液が目に入ったときにはクラミジア結膜炎を発症します。
お風呂による感染はないと言えますので、治療中に温泉や銭湯に行くことは可能です。
お風呂に入るときには、結膜炎にならないことも考えながら入浴することが大切です。
クラミジアについて医療機関を受診すると、治療薬としてジスロマックが処方されます。
ジスロマックはクラミジア感染症の治療薬として有名で、1回服用するだけで1週間にわたって効果が持続します。
持続期間が長いために飲み忘れをすることが少なく、クラミジアが治る確率は90%以上となります。
ジスロマックは副作用が少ない医薬品として知られていますが、胃腸が弱い方の場合には胃痛や吐き気などの症状があらわれることがあります。
胃痛などの症状があるときには、用量を少なく分けて服用することになり、副作用の症状が激しいときには専門の医師に相談することをおすすめします。
クラミジアの感染については、自宅で検査ができるstdチェッカーなどの販売も行われていますので、自分で調べてから医療機関の受診を行うこともできます。