Monthly Archives: 11月 2014

食中毒とは、人間の体にとって有害・有毒な微生物等が付着した飲食物を人間が摂取する事で起きる様々な症状の事を言います。
代表的な症状としては、下痢や嘔吐、発熱等が挙げられます。

食中毒にはいくつかの種類があります。
一般的な種類として、自然毒食中毒・細菌性食中毒・ウイルス性食中毒等があります。
自然毒食中毒とは、毒キノコやフグの毒等のような食材が元から持っている毒によって起こる食中毒です。
この食中毒は、それぞれの食材の旬の時期に起こる場合が多いです。

細菌性食中毒は、食材に何等かの有害・有毒な細菌類が付着し、その細菌が食材内で増殖する事が原因となって起こります。
有名な種類として、黄色ブドウ球菌やカンピロバクターがあります。

ウイルス性食中毒とは、有害・有毒なウイルスが付着した食材等を摂取する事で起こる食中毒です。
代表的な種類としては、ノロウイルスやロタウイルス等が挙げられます。

そして食中毒と聞いて、腸管感染症を思い浮かべる方も少なくないはずです。
食中毒と腸管感染症については、切っても切れない関係だと言えます。
腸管感染症とは、病原体が腸管内で増殖して下痢等の症状を起こす病気です。
この腸管感染症の疾患の中には、細菌性食中毒やウイルス性食中毒も含まれているのです。
これらの感染症は最悪の場合には死に至る可能性もあるので、細心の注意が必要です。